猫がたくさん食べるおいしいキャットフードとは?

猫の年齢に合わせたキャットフードを

愛猫のキャットフードについて考えたことがありますか?人間の赤ちゃん、成人、お年寄りと少しずつ食べるものや食べ方が変わってくるのと同様に猫にも年齢に合わせたキャットフード選びが大切です。ではどのように選び与えればよいのでしょうか。

ミルクが終わり1歳くらいまでの猫には人間でいう離乳食のようなドライフードではなく柔らかいキャットフードを与えます。離乳食が終わったらドライフードに切り替えてきましょう。

1歳から7歳くらいまでの猫は成猫用ドライフードを選びます。運動量、お部屋の環境、体質などによって猫の体格もそれぞれです。若い猫ですので高カロリーで高栄養のドライフードが望ましいですが、肥満気味の猫には低脂肪のものを選ぶなど猫の健康は飼い主さんにかかってきます。市販のキャットフードには体重によって与える量が記載されているので参考にしましょう。迷った時は獣医さんに相談してみるのもいいですね。

7歳を過ぎると猫も高齢期に入ってきます。食欲が成猫の時と比べて落ちてくる猫もいるようです。老猫用でしっかりと栄養を摂れるものに切り替えます。歯が抜けてしまったり噛む力が弱くなってきたなと思ったらドライフードから缶詰など柔らかいタイプのキャットフードに変更しても良いでしょう。

ペットとして飼われている猫が健康的な毎日を送るには飼い主さんの大切な仕事です。猫ちゃんも家族の一員です。年齢にあったキャットフードで健康に気づかい幸せに暮らしましょう。

↑ PAGE TOP