猫がたくさん食べるおいしいキャットフードとは?

無添加キャットフードで猫もごきげん

大切な家族の一員であるペットが食べるキャットフードをどのように選んでいるでしょうか?いつも行くスーパーで安売りをしているものでしょうか?それとも私たちが食べるものと同じように、国産で無添加のものを選んでいるでしょうか?

無添加でないキャットフードは、猫の健康を害してしまうことがあるため注意が必要です。なぜなら、安価なキャットフードの中には、私たちが食べることに向いていない肉が入っているからです。その肉の中には、スーパーなどから回収された腐った肉やレストランからでる廃棄肉なども含まれています。大切なペットにそのような肉を食べさせたくはありませんよね。安価なキャットフードを食べ続けていると、栄養失調で痩せてしまったり、病気やアレルギーに掛かりやすくなってしまいます。

キャットフードを選ぶときには、成分表を確認しましょう。キャットフードの成分表示にミートミールや家禽副産物などという表示がある場合は、動物の死骸の肉や鶏の嘴などが入っている可能性があります。また、防腐剤であるエトキシンやBHDなど添加物の表示があるものもやめておきましょう。賞味期限が長すぎるキャットフードは防腐剤などの添加物が多く含まれている可能性があります。添加物の中には発がん性のあるものも多いため注意が必要です。

以上のことから、ペットフードを選ぶときには、無添加で国産のものを選ぶのがおすすめです。

↑ PAGE TOP