猫がたくさん食べるおいしいキャットフードとは?

生活環境や発達段階に合わせた、キャットフード選び

ペットも大事な家族として生活している世帯も少なくない現代では、ネコの食生活にも気を付けている飼い主も多いと思います。人間の食事と同様、日々与えているキャットフードに関して、発育段階に応じたキャットフード選びについて、考えてみましょう。

ネコは、成長段階(年齢)や体重によって、必要な栄養要求量が違ってきます。また、ネコの種類、体質や生活環境によっても、変わってきます。

たとえば、成長期の子猫と、代謝が低下してきたシニア猫とでは、運動量も違ってきますので、食べる量も必要な栄養量も変わってきます。外を自由に出歩く猫と、家の中だけで過ごす猫とでは、はるかに運動量が変わってきますし、避妊や去勢手術を受けた猫はホルモンバランスの変化で体質が変わる為、必要栄養量が変わってきます。

では、発達段階に合わせたキャットフード選びを具体的に見てみましょう。

成長期の子猫

筋肉や骨、皮膚、骨や歯など、身体の発達の元となる栄養素が、一粒にギュッと詰まっていて、消化に負担がかからず、ミネラルやビタミンがバランス良く配合されているもの。

成猫

生涯の大半は成猫期で、この時期は、6大栄養素をバランスよく摂取できるもの。市販のキャットフードの多くは、このタイプのもの。

メタボも気になるシニア猫

運動量も基礎代謝も低下してて、筋肉量も減るシニア猫には、体重コントロールも考慮され、効率よくエネルギーを摂取できるもの。

↑ PAGE TOP